台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み 話題の行列 made japan 特別価格 in 紅

台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み made in japan (紅)

in,(紅),試し削り済み,ホーム&キッチン , キッチン用品 , 調理・製菓道具 , 調理器具,japan,ブナ×別注青紙,8580円,vm-avocati.ro,/histotome169407.html,台屋の鰹節削り器,made 台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み made japan 特別価格 in 紅 8580円 台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み made in japan (紅) ホーム&キッチン キッチン用品 調理・製菓道具 調理器具 in,(紅),試し削り済み,ホーム&キッチン , キッチン用品 , 調理・製菓道具 , 調理器具,japan,ブナ×別注青紙,8580円,vm-avocati.ro,/histotome169407.html,台屋の鰹節削り器,made 8580円 台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み made in japan (紅) ホーム&キッチン キッチン用品 調理・製菓道具 調理器具 台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み made japan 特別価格 in 紅

8580円

台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み made in japan (紅)







商品の説明

美味しい暮らしをお手伝い

台屋の鰹節削り器の魅力は「箱」と「鉋(かんな)」です。厳選した無垢材を削り出した箱は従来型のような継ぎ目がありませんので、すっきり美しく頑丈です。クルミオイルで仕上げる表面は艶の出る少し前の赤ちゃん肌仕上げ。ウォルナット、ブナの箱はキッチンやダイニングにもよく合う和モダンデザインとなりました。コンパクトな形状にこだわり収納はもちろんテーブルに置いて座ったままの作業も楽にできる設計です。もちろん台屋の作る鉋は折紙付きの切れ味です。

1946創業 鉋(かんな)ひとすじ

1946年より続けてきた台屋の本業は鉋台(かんなの木部)製作。鉋刃を台(木部)に入れ込む技術。鉋刃は一枚一枚厚みの違いや角度、クセがありそれに応じたちょうどよい鉋台を作る必要があります。その技術は何十年とただただ同じことを繰り返してきたこと、その経験を次の世代にしっかりと伝承させてきたことによる結晶です。現在は3代目がその技術を習得中ですが終着はないと考えています。

長く使っていただくために 職人のメンテナンス

台屋は長く鰹節削り器を使っていただくため「職人のメンテナンス」というサービスを受け付けております。削りにくくなったらお気軽にご相談ください。

バリエーション

・「台屋の鰹節削り器」と一回り小さいサイズの「赤香」
・刃は高級鋼の「青紙」と普及品の「SK鋼」
・箱はシックな雰囲気の「ウォルナット」と明るい「ブナ」
それぞれ選べます。

台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み made in japan (紅)

台屋の鰹節削り器 ブナ×別注青紙 試し削り済み (紅) を購入しました。歯の切れ味が良く、鰹節がスッスッと気持ちよく削れます。従来の鰹節削は箱形で使っている内に箱にひずみが出て使いにくかったのですが、これは無垢の木をくりぬいてあるのでその心配が無く、メンテナンスの詳細も添付されているので、安心して使えます。削った鰹節を出しやすいように斜めにしてある所に、細やかな気配りを感じてうれしくなりました。シンプルでコンパクトなフォルムは、どこにおいても邪魔になりません。購入以来、毎日、出汁を取るのが楽しくなりました。
引き出しがついていませんが、削りたてをすぐそのまま使うために購入したので、むしろ引き出しがないこのタイプの方が私には合っていると思います。で、使った感想ですが、さすがに初日はおがくずみたいな削り節を量産しましたが、出荷時に刃の調整がキチンとされているだけあって、慣れてからはきれいな削り節になりました。まあ、パックの削り節の方がはるかにお手軽でしょうが、コーヒーのミルとかと同じで今はこの無駄?なひと手間が楽しい私です。(因みに出来上がった削り節はグラム当たりでみると、パックより安上がりなので長く使えば元も取れるかもしれません。)
コンパクトで使い易く、切れ味抜群に調整してありとっても満足しています。削りたての鰹節は香りが抜群でふわふわ感が半端ないです。専門店もあるくらいなので美味しい鰹節ご飯が食べたくて、コロナ禍で外食もしなくなったので思い切って購入しましたが大正解でした。初めからスムーズに削れ、要のカンナが良いのがわかります。削りたての鰹節で取るだしの香りも最高ですよ。
人生初の鰹節削り器悩みに悩んで、せっかく買うならと「ブナ×別注青紙」にしました。結果は大正解。まず見た目。これは画像通りかそれ以上にシンプル。棚に置いても、棚から出しても素敵な雰囲気を醸し出してます。次に切れ味。全て自分でというのは初。本品とは別に鰹節自体もAmazonで購入。本品の説明書や、別で買った鰹節の説明、YouTubeなどを駆使して挑戦するレベル。そんなど素人レベルでしたが、初日から薄いクルクル鰹節が量産できました。シャコっシャコって音が嬉しくて削り過ぎてしまいました。やる前はサラッと撫でるように削っていると思っていましたが、YouTubeなどでも両手で支えてガッツリ体重かけてる雰囲気でしたし、私も鰹節を支える腕に力を込めて削ってます。おかげで音だけでなく削れてる感触も伝わって楽しいです。削り器の下に滑り止めのプチゴムがついていて安定してくれます。あとはアフターフォローも良さそうな説明がついていました。ここはまだ使い始めなので正体不明ですが、印象はかなり良いです。かわいくて楽しい、テンション上がる逸品です。
全国統一防火標語:おうち時間 家族で点検 火の始末